banner

魅力的な商品撮影レクチャー

banner 商品撮影で気を付けることは、売れない魅力のない写真にしてしまうことももちろんですが、それよりも怖いのは売れてから顧客からクレームがくることです。

まず衣料品などで多いのが「色が違う」というクレームです。カメラは必ずしも忠実に色を再現できるわけではありませんし、背景や組み合わせる物の色調によっては色が違って伝わる可能性もあります。 商品撮影で色が再現できない場合は、画像処理ソフトなどで色調を調整しましょう。画像の明るさも重要です。

衣料品などの場合は質感も重要です。照明を工夫しながらマクロレンズで撮影すると質感を再現することができます。簡単なことではないので、何度もチャレンジしてみる必要がありますね。

次にオークションなどで注意したいのが、キズが多いなどのクレームです。これはキズのある個所をマクロレンズなどできっちりと撮影することが必要です。 キズを写しこむことが不可能なら、キズが多いことやその個所を言葉でフォローするしかありません。

食料品などではサイズ感も重要でしょう。肉や魚の切り身は、買った人が「思ったよりも小さい」と感じてしまっては大変です。 撮影に使う器を注意して選び、一般的にサイズがわかる小物を添えるなどの対策が必要でしょう。くれぐれも誇大広告になってしまわないように注意しましょう。

Copyright(c) 2014 魅力的な商品撮影レクチャー All Rights Reserved.