合宿免許に行く際に便利な持ち物

携帯電話の充電器

仕事などで忙しい場合、合宿免許を利用して自動車免許の取得を目指す人も少なくありません。そもそも合宿免許とは、自動車学校の宿舎に宿泊しながら教習を受けることで免許を取得するプランのことです。通学で教習を受けるよりも短い期間で卒業できるので、忙しい人にぴったりといえます。ただ合宿免許は卒業するのに最短でも2週間はかかる上に、自宅から遠い地方に行くことになります。そのため、滞在中にあれを持って来れば良かったと後悔することも多いです。

具体的に挙げると、携帯電話の充電器をうっかりと自宅に忘れてしまう人が多いです。携帯の充電が切れてしまうと、家族や友人と気軽にコンタクトを取る事ができるに困ってしまうことになります。また、ゲームをしたり音楽を聴くこともできず、退屈に感じてしまうことになります。したがって、充電器は忘れずに持っていく必要があります。その他にも、三又のコンセントや延長コードなども持っていくと役立つことでしょう。相部屋の場合、コンセントが宿泊する人数に対して少ないことが多いです。よって、携帯やゲーム機、パソコンなどを充電したい時に争奪戦になる恐れがあります。その点、コンセントや延長コードを用意すれば不自由することなく過ごせますよ。

マスクや常備薬を持っていこう

合宿免許プランでは、慣れない環境で2週間以上にわたり生活することになります。初対面の人と相部屋になることから、気を使ってしまうことが多いです。また、毎日、教習を受けることになるので、気づかぬうちに疲れが蓄積して体調を崩す恐れもあります。したがって、風邪薬や頭痛薬や胃薬などの常備薬は必ず携帯したほうがいいでしょう。

さらに、冬の寒いシーズンに合宿に出かけるならば、マスクも用意しておいた方が良いです。冬だとインフルエンザや風邪などの感染する病気にかかるリスクがあるからです。病気になってしまうと、当然、合宿免許のカリキュラムを受けることができなくなります。周囲にうつしては大変なことになるので、一時帰宅する必要があります。そうなったら、またお金を払って参加することになるので注意が必要です。

折りたたみ傘

意外と忘れがちなのが、折りたたみ傘です。合宿免許はおよそ2週間ほど続くので、その間、雨が降ってくる可能性もあります。もしも持っていかなければ、気軽にコンビニに買い物に行くことができません。その点、自宅から折りたたみ傘を持っていけば、雨の日に非常に重宝することでしょう。コンビニでビニール傘を買えばいいと思う人も多いですが、帰りに荷物になってしまいます。よって、折りたたみ傘は必需品といえます。

合宿免許ムーチョ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です