合宿免許は通学免許より安いのがメリットか

一般的には合宿は通学より安い

免許を取得するときに自動車学校などで教習を受けたいと思ったら通学と合宿の二つの選択肢があります。できるだけ安い方が良いと考えたら通学が選択肢だと考えてしまう人もいますが、一般的には合宿の方が安いのが現状です。合宿の場合には宿泊費がかかるので割高だという考え方はもっともで、確かに通学なら宿泊費も現地までの往復の交通費もかかりません。しかし、その費用を加味しても全体としてかかる金額は合宿免許の方が安いことが多いのです。これは教習費用そのものが合宿免許の方がかなり安くなっているからと言えます。

合宿と通学で大きく異なるのは人や物をどれだけ無駄なく使えるかです。合宿の場合には毎時間、教官がフル稼働する状態を作り上げることができます。毎日教習を受ける人数がはっきりとしているからで、その人数に合わせて人員を確保しておけば無駄がありません。それに対して通学の場合には当日になって空きがあるかを確認して教習を受けたいと希望する人もいます。その要望に応えられるように多めに教官を確保しておく必要があり、さらに使える車も用意しなければなりません。しかし、その準備を整えても教習を受けに来る人がいなかったら人件費だけがかかってしまうことになります。このように無駄な費用がかかってしまっている分だけ通学の方が割高になってしまうのです。

ただ、場合によっては合宿の方が高いこともあるので注意が必要です。高いホテルに泊まるなど教習以外のところで余計に費用をかけてしまうと割高になってしまいます。また、短い期間で教習が行われる影響で知識も技術も学ぶのが追いつかなくなる人もいないわけではありません。結果として修了試験や学科試験などで落ちてしまい、再受験をしなければならなくなって期間が延びていくこともあります。すると追加料金を支払わなければならなくなる場合も多く、宿泊費もかさんでしまって通学の方が安かったということにもなり得るのです。

このような状況に陥るリスクがあるというのが心配で緊張してしまい、ミスを多発して検定が通らないというケースもあります。合宿免許は当初の予定通りに進められれば安いのがメリットです。しかし、何らかのトラブルによって教習期間が延長してしまうと高くなるというデメリットもあるということは念頭に置いておきましょう。費用面で通学か合宿かで悩んだときには自分の学習能力の高さも加味して決めるのが無難です。

 

合宿免許ムーチョ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です