合宿免許のあとクルマを購入 ディーラーとは……?

合宿免許で免許取得して、いよいよクルマを購入です。

しかし、クルマをどう購入していいかわからないという人たちが多いのではないでしょうか。

よく聞くのは、ディーラーという名前です。クルマはディーラーから購入しなければならないと思っている人たちもいらっしゃるようですが、本当にそうなのでしょうか。

今回、ディーラーが何かわかりやすく説明します。

そもそもディーラーが何かわからない

そもそも、免許取り立ての人たちは、ディーラーが何か一切わからないという人たちもいらっしゃることでしょう。

ディーラーとは、特定の自動車メーカーのクルマを直接販売・メンテナンスするために特約店契約を結んだ業者のことです。

「トヨペット」とか「トヨタカローラ」、「日産プリンス」、「Honda Cars(ホンダカーズ)」という看板は頻繁に見ることがあるでしょうけど、それらは、みなさんご存じの一般的なディーラーです。

契約しているメーカーの新車販売や中古車販売がメインですけど、自動車の定期点検や車検、事故を起こしたときや故障時の修理対応といったアフターサービスまでが仕事です。

正規ディーラーで購入する理由

しかし、おおかたみなさんディーラーからクルマを購入することで、かなり安心感を得ているのは事実です。

ディーラーにどのようなメリットがあるのかといえば、保証があることです。

中古車でいいという人たちは、リーズナブル料金で買うことができるかもしれませんが、ノークレーム・ノーリターンというルールに全面的に従う必要があり、どんな欠陥をつかんでも、運ということになります。

ディーラーは、また、サポートやメンテナンスといったサービス対応が充実しているから、こちらがやっぱりいいと支持をしている人たちが多くいます。

多くの人たちが、アフターメンテナンス含めて、ディーラーという選択肢を良しとしているようです。

正規ディーラーから車を購入するデメリット

次には、正規ディーラーから車を購入するデメリットについて考えてみましょう。

デメリットは明確に存在します。

正規ディーラーは特約店契約を結んでいるので、扱う車種が限定されてしまうことになります。ですから、昔からクルマに乗っている人たちは、トヨタならトヨタのクルマにずっと乗り続けているという現象が起きてしまっているのですね。

いかがでしょうか。ディーラーと長いおつきあいをするか、そうでないか、免許取得した最初が肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です