合宿免許のルールをまず最初に学ぶ

合宿免許の一日目は、まだまだ緊張モードで、このまま寝てもいつまでも目がぱっちり開いたままという人たちが多いようです。

であれば、そのまま寝てしまわないで、合宿免許は、このまま二週間程度滞在しなければならないので、宿泊施設のルールなどもチェックしておきましょう。

合宿免許には、それぞれこの合宿免許オンリーというルールもある可能性がありますので、そういうものは一番最初にわかっている方がいいです。

クルマを運転するのにもルールというものが存在しているわけですよね。

そのようなものを勉強する場所が、合宿免許だから、宿泊施設の中にも結構厳しいルールが存在していて当たり前と思うのです。

合宿免許には、規律を守る認識ってとても大事だと思いますよ。

合宿免許の様々な違い

教習所内にある宿泊施設のところもあれば、バス送迎で別のところにあるホテルという場合もあります。

教習所内にある宿泊施設のところだったら、教習に遅刻しなくていいかもしれないですが。

バス送迎も遅刻しなくていいと思うかもしれませんが。

全部嘘です。

自分自身の気持次第で、いくらでも合宿免許って遅刻出来てしまうのです。

合宿免許は、最短距離で運転免許取得することができると言いますが、油断していると自分ひとりだけ置いていかれる……ということがあるようですよ。

普段、遅刻を繰り返している人たちは、相当注意した方がいいでしょう。

かえって、そのような人たちは、合宿免許から遠い場所のホテル滞在をして、自分自身に緊張感を持たせるといいかもしれません。

合宿免許1日目でしなければならないこと

あと、合宿免許の1日目にはどのようなことをチェックしておかなければならないのでしょうか。

合宿免許に行く前、チェックしようと思っても、なかなかこのようなことまでチェック出来ないですよね。

例えば、食事の時間は何時から何時までか……とか。

食事の時間はとても気になる……、そして一体どんな食事を食べることができるのでしょうか。

非常に、気になるけど、なかなか情報収集しにくい部分です。

また、洗濯は毎日できるのか?

できるのであれば時間帯は決まっているのか?……あたりも二週間程度の滞在期間なので、最初のうちに抑えておかなければならないポイントではないでしょうか。

そして、合宿免許で突然風邪をひいてしまった……とき、病院などは合宿免許のすぐ近くにあるのでしょうか。

合宿免許の流れをチェックしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です