合宿免許の一日目の体験

合宿免許での一日目は、1日目は学科も技能も最低1時間は教習を受けます。

おおかたどの合宿免許でもそのような対応をしているようです。

合宿免許では、最初に、シュミレーターという模擬運転できる機械で教習を受けたりすることが多いようです。

実際に、教習に対して、恐怖感を持っているものの、ゲーム感覚で楽しむことができるので、緊張をほぐす意味でも、このような教習からスタートしているのかもしれないですよね。

でも、運転免許取得の中で、とても大事な教習の役割は持っていると思いますよ。

シュミレーターの教習でギアの位置とか、ウインカー、ワイパーの位置などをしっかり教えてくれて、これが合宿免許なのか……という思いも強く抱くことができますし、明日から頑張ろう、これは旅行ではないんだという気持も持つことができます。

合宿免許の一日が終わろうとしているけど

合宿免許の一日は、あらよという感じで終わろうとしています。

しかし、そのまま一日を終了させてしまわないで、効果測定の勉強ができる場所がどこにあるのか……とか、施設やパソコンを使える頻度、時間……と言った問題をあらかじめチェックしておいた方がいいかもしれないですよね。

多くの人たちは多分、夏休みや冬休み、特に春休みの繁忙期に合宿免許に行かれることでしょう。

ですから、そのあたりのことを優先的に考えていかなければ、自分自身が使いたいとき使えないということが多々あります。

パソコンは、試験対策にはとても頼もしいアイテムです。

しかし、誰もがスムーズに利用出来るということではありません。

そして、みなさんが使いたいと思っているのではないでしょうか。

もっと何十台もあればいいと思うものの、私が行った合宿免許は、二台……。

ひょっとしたら、合宿免許の選択をしている段階で、このような些細なこともチェックできる時間があれば、チェックしておいした方がいいのかもしれないですよね。

ですから、合宿免許の一日目には、いつならパソコンが使えそうかなとか、どこへ行けば使えるのかな……という下調べが必要なのです。

そのまま寝てしまう人たちもいるでしょうけど、そのような人たちと比較したら、一歩私はリードしたという感じでしょうか。

合宿免許の1日目……、とりあえず明日というモチベーションを持ちたいのは山々ですが、最初に、合宿免許の教習と向き合う強い気持は大事です。

合宿免許には、いろいろお楽しみもありますが、それは二の次です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です