合宿免許の教官が嫌

いろいろ合宿免許の体験談がありますが、結構楽しかったというよりは、つらい体験をしている人たちが多いみたいです。

そんなつらい体験談からもこれから行く人たちはいろいろ学べることがあるのではないでしょうか。

教官が嫌

合宿免許は旅行気分も味わうことができて、本来楽しいはずなのです。

しかし、合宿免許がつらい体験に……。

そもそも、原因は教官という人たちが多いです。

教官が嫌というのは、通学での運転免許取得も同じです。

合宿免許には、優しい教官ばかりいると思えば大きく裏切られることになると思いますよ。

合宿免許にだって、厳しい教官がいます。

通学での運転免許取得の場合では、嫌な教官がいても、一日一日、家まで帰ってリフレッシュして、再び運転免許取得というモチベーションを持つことができますが、合宿免許は、二週間続きという気持を持つ人たちが多く、なかなか、憂鬱になってしまった気分を解消する方法が見つからないことがあります。

でも、別にそれ程恐くない教官でも、あなたがミスすれば叱られることはありますし、仕方ないことと言えば、仕方ないです。

あとは、あなたのメンタルの問題です。

教官を変えてもらうことができる

しかし、ちょっと以前の合宿免許では、そのような対応はなかったと思いますが、最近の合宿免許では、そのような不安、不満も多い
から、教官を変更してくれる合宿免許も増えて来ています。

運転免許取得では、教官問題が露呈するケースは非常に多いので、あらかじめそのような対応をしてくれる合宿免許をリサーチするというのも方法ではないでしょうか。

教官も人間ですし、あなたも人間です。相性というのもありますし、我慢出来ないことはありませんが、我慢し続けて二週間過ごすというのもどうなのでしょうか。

本当に、みなさんには、合宿免許をもっと楽しく過ごしていただきたいですし、楽しむことができる合宿免許というも事実なのです。

教習がうまくできない

合宿免許で、ほとんど、缶詰状態にされている時、教習がうまくできないと、本当に憂鬱な気持になってしまうことでしょう。

教官にブレーキを踏まれると結構、凹む人たちが多いのです。

逆に言えば、教官にブレーキを踏まれない人たちなんていないですよね。

運転が上手くいかないのは、すべての人たちです。ですから、合宿免許に来ているのです。

自分だけじゃないという思いによって、結構救われることがあります。

合宿免許とは、そのような人たちの集合体なのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です