合宿免許の教官は閑散期何をしているの?

合宿免許の教官って、いろいろな意味でとても気になる……という人たちが多いのではないでしょうか。

合宿免許では、繁忙期、教官はもちろん一生懸命頑張っていますが、合宿免許には、閑散期というものがありますよね。

暇なとき、教官って一体何をしているのでしょうか。

合宿免許には閑散期がある そのとき教官は……

合宿免許で運転免許取得しようとしている人たちは、合宿免許には、繁忙期(2~3月、8~9月)とオフシーズン(4~5月、10~11月)と言ったものがあるので、繁忙期は予約がなかなか取れないということもあるかもしれません。

運転免許取得したい人たちは、学生が多いですから、どうしても春休みとか、夏休みに集中してしまうことになります。

では逆に、暇なとき、生徒が学校の授業などで当然行けない訳ですから、そのとき教官はどうしているのでしょうか……。

それぞれの教習所によって対応は違うのかもしれませんが、教官はやっぱり暇は暇、そのような時期、教官は、有給を取れと促されるようです。

その結果、教官の人数が減るので、中にいる教官は、それ程暇ではなくなってしまうのです。

教官は生徒の指導だけが仕事ではありませんので、もちろん繁忙期に後回しにした仕事もこなす必要があります。

また、あとは指導できる免許の種類を増やすために勉強&練習している人たちもいるようです。

合宿免許の教官は、想像している以上ハードワークかも

合宿免許には、オフシーズンというものがあるのは事実ですが、オフシーズンと言うものの、予約は全部埋まっているということは決して珍しいことではありません。

今後、子供さんの数が減少しているので、もっと合宿免許の深刻な事態が起こるかもしれませんが、現在は、オフシーズン、教官が一体何をしているの……?なんて心配もする必要がないのかもしれないですよね。

企業研修とか高齢者教習とかペーパードライバーの指導とか……、教官は、いろいろ仕事をしなければならないことがあります。

教官にはオフシーズンがない……?

合宿免許で運転免許取得しようという人たちの立場からすれば、繁忙期、オフシーズンというものが明確に見えてくるものの、教官の立場からすれば、それがないという訳ではありませんが、オフシーズンでも仕事がなくて困るという感じでは全然ないのです。

今後、子供さんの数も減って、合宿免許も競争が激化することが予測できます。オフシーズンには、競争に勝つための対策についても考えていかなければならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です