合宿免許の近隣地域は入校不可地域

合宿免許で運転免許取得する場合は、いろいろあなたが好きな場所に行き、免許取得することができます。

いろいろ、素敵な観光地がありますので、そのような場所に行き、観光を楽しんで、同時に免許取得することができます。

最近では、圧倒的に合宿免許に注目している人たちが多くなり、通学での運転免許取得と比較している人たちが多いのではないでしょうか。

ただ、以前は、合宿免許に対しての向き合い方もちょっと違っていたのです

住民票のある場所では合宿免許は受けることができない

合宿免許には、このようなルールがあります。それは、入校不可地域と呼ばれているエリアが存在していることです。

住民票が入校不可地域内である場合、もちろん入校することはできません。

しかし、なんで、そのようなセッティングがされているのでしょうか。

ここに合宿免許が誕生した大きな理由を見付けることができます。

あなたが運転免許取得するため、教習所に通う必要があります。 そして、一定期間教習を受けなければなりません。

教習はカリキュラムが決まっているため、全部終わるために何日も日にちがかかってしまうことになります。しかし、通学で免許取得できる場所が近くにないという人たちは、そもそも運転免許取得することができませんよね。

そのとき、合宿免許というアイデアが生まれることになります。

合宿免許は近くに教習場がない人たちのためにある

いま、自由に合宿免許の選択をしている人たちがいますが、昔は、そうでなく、合宿免許とは近くに通学で免許取得出来る場所がない人たちのためにあったのです。

通学することができない人たちのため、合宿という環境を用意して、ここで受けなさいと配慮してくれています。

そこで、合宿免許が安いからということで、 通学での免許取得できる人たちまで合宿免許に参加してしまうと、 教習所の運営がなりたたなくなりますし、合宿免許へ行きたいという人たちが簡単に行けなくなったりすることもあるでしょう。

ですから、合宿免許では、「入校不可地域」というルールをセッティングしているのです。

ただし、入校不可地域は、絶対的に……ということではなく、合宿免許がそれぞれセッティングしていいようです。教習所では、合宿教習所と同一の県に住んでいる方は入校できないと定めているケースもあり、そうでないこともあります。

基本的には、合宿免許を行っている教習所の近隣エリアは入校不可地域となっているようですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です